スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 永田兄弟のコメント | main | シモダ編集長インタビュー「苦労」 >>

シモダ編集長インタビュー「経緯」

――オモコロが本になった経緯を教えてください。

シモダ編集長(以下 シモダ): 森が減ると聞いて。

――紙は木からできていますからね。環境問題をどのように考えてらっしゃいますか?

シモダ: やっぱ紙は木からできてると思いますね。そこらへん、気づいてない人が多いと思うんだけど、やっぱエコとかって紙は木からできてるところに最終的にはいきついちゃうんだよね。なんていうかさ。

――紙を減らせば木もなくならず、環境問題も解決する、ということでしょうか?

シモダ: まあ、なんていうか紙を減らせば木もなくならず、環境問題も解決するね。そういうことを考えられる人間がまだこの私しかいないのが非常に嘆かわしいです。

――なるほど、そして本を作ろうと思ったわけですね。

シモダ: ばう。

――この本の見どころはどこでしょうか?

シモダ: ばう。

――ばう…?

シモダ: ばう。

――本日はありがとうございました。

シモダ: ばう。


スポンサーサイト

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://omocoro-book.jugem.jp/trackback/42